04.28
Tue
4/22,23のライブ、無事終了いたしました!
お聴きくださった方、ありがとうございました。
特に4/23は、友人もたくさん足を運んでくれ感謝感激です!
「ボサノヴァをもっと聴いてみたい」と言ってくれた人が何人かいたのが
嬉しかったです。

演奏した曲は、以下のとおりです。
●4月22日 曲目
ソロ
Rosa Morena
Vivo Sonhando
Fotografia
Meidacao

ギター:KOBA、歌:イケジリノリコ
Samba de uma nota so
Felicidade
Garota de Ipanema


●4月23日 曲目
Samba de uma nota so
Rosa Morena
Voce nao sabe amar
Fotografia
Desde que o samba e samba
Vivo sonhando
Meidacao
Garota de Ipanema
So danco samba
(アンコール)Odara

<今回の反省>
・今回、初めてライブ前に爪が折れるという経験をしました。
家で弾いている分には、折れた状態でも大して支障なく感じたのですが、
いざ舞台に出てみるとアルペジオの弾きにくいこと弾きにくいこと…。
思い切って全部の爪を切りそろえてしまった方が、1本だけ短いよりは
マシだったかもしれません。

・4月22日は、初めてギターは人にお任せし、
自分は歌だけに専念するという経験をしました。
「歌だけでいいって、こんなに楽なんだ~!」と初めて知りました。
音楽表現に集中できる度合いが全然違います。
逆に、弾き語りの時であってもこういう風に歌えないと
いけないということか…。

・4月23日は、45分間のライブでした。
今まで30分以内のライブしかしたことがなかったので、
ちょっとした挑戦でした。
たった15分の違いですが、ペース配分が難しく
最後の方は曲目の解説をする時間が無くなってしまいました…。

・4月23日は数年ぶりに会う友達がたくさんいて興奮し、
ライブ前に大声でしゃべり過ぎ声が枯れてしまいました…。
次回からは、ライブ前はおとなしくするように気を付けよう。
バッテンを書いたマスクの着用を要検討。


スポンサーサイト

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://norikoikejiri.blog36.fc2.com/tb.php/75-55a2bc30
トラックバック
コメント
東京でもご活躍されてますね!
大カンタのあとのカイピではアテロゴも言わず帰ってしまい
スミマセン!みんなで色紙を書いたんですね、あ~残念。

歌だけに専念すると自由度はかなり広がりますね。
ボサの弾き語りの独特の雰囲気は、歌もギターも、という
自由度の狭さから来る緊張感が支えていると思うのです。
それぞれの良さがありますね。

持ち時間が足りなくなったら、潔くどれか1~2曲をやめて
進行を丁寧に進めた方が会場の雰囲気はいいかも知れません。
URIB◎SSA | 2009.04.30 07:53 | 編集
URIB◎SSAさん、コメントありがとうございます!

> スミマセン!みんなで色紙を書いたんですね、あ~残念。

当日はバタバタしてましたもんね。
では、今度お会いする時に必ず持参しますので、
私がじ~っと凝視する前で書いてくださ~い(笑)

> 歌だけに専念すると自由度はかなり広がりますね。
> ボサの弾き語りの独特の雰囲気は、歌もギターも、という
> 自由度の狭さから来る緊張感が支えていると思うのです。

あぁ確かに!
歌いあげてしまったら、ああいう雰囲気にならないですものねぇ。

> 持ち時間が足りなくなったら、潔くどれか1~2曲をやめて
> 進行を丁寧に進めた方が会場の雰囲気はいいかも知れません。

は~い、次回からはそうします!
今回は、最後の方はあからさまにトークが少なくなってしまいました…。
反省…。
イケジリノリコ | 2009.04.30 21:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top